2010年07月28日

植物由来の他にも天然染料

ボディペインティング(body painting)は、体に塗料などで絵や模様を描くボディアートです。ヌーディズムのキャンプ場などで頻繁にイベントの1つとして行われ、大会の様子を成している場合もある。 このほか、日本には性的表現の一つでボディペインティングを扱うことができます。たとえば、全裸の上で、まるで水着や衣服を包んでいるようなペインティングを実施したことが性を扱った雑誌やビデオなどで表現されている。一目見ただけで物を身に纏った、同じようでありながら実際には、全裸という成分がある種のフェティシズムを起こさせることも考えられる。最近では、このような衣服のほかに、自分の体を紙に対応するメディアとして捉え、漫画を描くというジャンルもあって、それを専門とするモデルも存在する。 先のヌーディズムにおけるイベントは、その参加者のほとんどが子供だったので、ヌーディスト村を紹介する写真やビデオなどは日本ではボディペインティングが性表現の一つに把握することも相まって、子供の愛の優先対象になる場合も少なくないない。 ボディペインティングの中でも人の顔の絵や模様を描くことフェイスペインティングだという。古代から宗教的な理由などで飾られていた。最近ではテーマパークやパーティー、お祭りなどで多くのことを見たことができるようになって、サッカーの応援や体育祭などのスポーツ関連の行事で国旗を描いたものが代表的である。 草木染め(くさきぞめ、草木染も使うこともある)は、山崎斌(あきら)が合成(化学)染料を用いた染色に対して、天然染料を用いた染色を区別するために作り出した呼称。昆虫から派生したコチニールのような植物由来の染料の他にも天然染料ヘナで染色するか、または染色を草木染めする。タマネギとピーナッツの殻のような家庭で生ゴミになってしまうことも染料として使用されているという点で、家庭的な面がある。
posted by sakura19029 at 13:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。